条件によって価格が変動する不動産を細かく知ろう

景色

価格の違い

家賃の価格を左右するポイント

賃貸物件を借りるにあたって毎月支払わなければいけない費用、それが家賃です。この家賃は、いわゆるエリア相場といったものに沿って決められている傾向があります。たとえば一人暮らしをするためにワンルームの賃貸物件を探しているといった際に、家賃相場が7万円のエリアで賃貸物件探しをするケースを想定すると、この相場価格よりも家賃が高い賃貸物件ほど新築に近く室内設備が充実していたり、駅近などの条件を備えたアクセスの良さを備えている物件となり、逆にこの相場よりも安い賃貸物件ほど、築年数が経っていたり、駅からの距離があるといった物件になっているのです。またこのエリア相場は、マンションとアパートが別に設定されているケースが多くなっており、アパートの相場の方が、マンションよりも五千円から一万円ほど安価になっています。

家賃の変遷と今後予想される推移

この家賃のエリア相場に関しては、いわゆる人気の高い街やエリアほど価格が高く設定されており、また高い価格のままで推移し続ける傾向があります。よく住みたい街ランキングなどといった物が発表されていますが、ああいったランキングに掲載されているような街やエリアの家賃は、その周囲の街比べて若干家賃相場が高めに設定されているケースが大半を占めているのです。これは、需要と供給といった点からみれば当たり前の事もでありますが、よく覚えておきたいポイントです。これは人気の街の隣街などで賃貸物件を探せば、一万円単位で安価な物件を数多く見つけることが可能となるケースが多いためです。また、空き家問題が社会的に大きな問題として浮上し始めた現在の日本では、こういった家賃傾向がますます顕著な物になっていくことも予想されています。