条件によって価格が変動する不動産を細かく知ろう

景色

人気物件を知ろう

注文住宅の建築費の相場とは

注文住宅は高価であるというイメージを持つ人も少なくありません。というのも設計事務所で注文住宅を建築する場合数百万円の設計費がかかるほかに使用する材料にもこだわりを持って住宅を建築しているので建築費もかさみます。実際に注文住宅の平均購入価格はそのほかの建築方法を合わせた平均値よりも高い金額であるとデータが出ているのです。こだわっている人の建築費用に上限はなく数千万円どころか数億円の建築費をかけて住宅を完成させるケースもあるのです。 もちろん注文住宅は分譲住宅と比較すると一般的にも高額です。しかし中には注文住宅で設計事務所に依頼している人でも住宅の平均購入価格以下の費用で住宅を建てている人もたくさんいるのです。

住宅建築において重視するものによって変わる建築会社の選択

最近では一千万円台で住宅が建築できるローコスト住宅やそれ以下で住宅が建築できる超ローコスト住宅などがあります。注文住宅でもローコスト住宅が存在するのです。しかしこういった住宅の多くは規格住宅の延長である場合も少なくありません。規格住宅の延長とはすべて仕様が予め決められているわけではありません。たくさんの仕様の中から自由に選択することができるのです。色や間取り、キッチンなどの設備メーカーなども複数社から選択できる場合もあるのです。これだけ選択できるので注文住宅と呼ばれるのです。しかし建物の柱など主要な材料は固定されているので設計事務所で建築する注文住宅とは少し自由度が低くなるのです。費用と自由度はある程度比例するので何をどのくらい重視するかを決めることが住宅建築において重要なのです。