条件によって価格が変動する不動産を細かく知ろう

景色

購入のしやすさ

マンションなら手が届く

一戸建てに住むことを目標としていた人がたくさんいましたが、最近はマンションの方を選ぶ人の数が年々上昇しています。理由は、マンションの価格が下がったことが大きいとされています。 しかし、価格面だけでなく利便性も注目されてきました。マンションは街の中心部に建てられることが多いです。街の中心と言うことは、様々な施設が揃っていることがほとんどなので、生活がしやすいわけです。そのような場所に一戸建てを建てようとすると、一般の会社員では手が出しにくい価格になってしまいます。一戸建ての資産性は魅力と分かっていても、手が出せる価格であるマンションを選ぶ人が増えたのです。一戸建てを建てる場合は、郊外に建てることが多いです。

再び分譲新築一戸建ての価格が上昇している

一戸建てには色々なタイプのものが存在します。注文住宅や分譲が多いですが、中古の一戸建てを購入して、それをリフォームすると言う人も多いです。基本的には、注文住宅が一番費用がかかります。次いで分譲で、中古と言う順番になります。 1990年代後半、首都圏の分譲新築一戸建ての平均価格は3800万円でした。それが2002年になると、3350万円まで下がりました。結局それが底で、2006年には再び3800万円まで戻ったのです。一年後の2007年には、4000万円に届きそうになりましたが、そこから再び下げに転じていきました。しかし、ここ最近は再び上昇に転じています。経済の回復に伴い、土地の価格が上昇してきているからです。